キャッシング即日融資

多重債務者問題

貸金業改正により、グレーゾーン金利の撤廃と総量規制が施行されました。この法改正により、借入件数4件以上の多重債務者は新規の借入が抑制されることとなりました。上限金利が低くなったことにより、キャッシング会社の営業利益が低下し、貸付金の焦げ付きが営業に大きく関わる問題となったからです。多重債務に陥った人の大半はそれでも諦めずに、債務の完済を信じて返済を継続しています。

即日融資

しかし、多重債務者問題は本人たちが思うほど甘くはありません。元金の返済はおろか、利子を支払うのがやったの状況のはずです。これでは永遠に利子を支払い続けていく生活をしていかなければならないのです。彼らは新規の借入先を求めて、ネットを彷徨い、挙句のはてにヤミ金融へと向かっていくことになります。

何故ならば、彼らに融資をする業者は貸金業登録をしていない闇金融以外には有り得ないからです。彼らは取り立てに絶対の自信を持っていることから、多重債務者でも融資を実行します。そして、いったん支払いが滞ってしまうと、厳しい取り立てが待っています。ガラの悪い取り立て屋が、勤務先や自宅へ毎日押しかけてくることは、精神的に大きな負担を伴うことになります。

多重債務に陥らないためにも、金融制度や法改正に頼るのではなく、家庭や学校、地域社会が消費者金融の制度や実態を教育し、連帯保証人制度の責任や契約の意味を伝えていくべきかと考えます。お金に振り回される人生を回避するためにも、正しい金融知識を習得しておくことが必要があると考えます。